拙作 Smoker Insight! is Out

f:id:setminami:20160627002853p:plain

拙作アプリがローンチされました。

?  にあるように、CoreDataとデータ構造に興味を持って設計を起こしたため、ベースがcoreData(実態はsqlite3)の割にはデータ量が少々蓄積してもリアルタイム演算は割と速い方だと思います。

以前にもネタにしましたが、ミソはパーセンタイルと4分位数あとKVS少々。逐次検索を一旦KVS構造に読み替えるシステムなんで、一旦準備が整えばフラグ調整や、新たな喫煙データが加わることで全データの平均値が変わって各データのプロパティ変更が必要になっても1,2,3qをピボットにして高速追従します。

これを軸にシステム全体のデータハンドリングが組まれているため、よくあるユーザに見えてるアイテムについてだけの実行ではなく、毎回データ全舐めをして、全データ系内で整合性を保ちながらも十分な速度で動きます。

 このアプリ、任意のタイミングでの全データグラフ化機能を搭載しているので、これは外せない必要仕様なわけです。

遅延評価であれもこれも必要になったとき計算、ではいざというときユーザーを待たせてしまいますから。

 IAPに至っては、かなりJBに対して挑戦的な実装になっていて、途中で仕様が複雑になりすぎたため、ここだけは真面目にUMLを書いて設計しました。

これも機会があればまた詳しくネタとして展開します。

ただ、今の実装はappleidのログインダイアログがしつこく出るので、少し仕様変更入れるかも。

 

とりあえず、いまはまだまだ全然宣伝できてないので、向こう2週間は個人開発者向け宣伝サイトに順次レビューを寄稿しつつ、AdMob, iTCとにらめっこの予定です。